狭山市医師会は、令和2年6月から新たな役員体制となりました。
歴代の会長が築いてきた伝統を継承する所存であります。
平成から令和へと元号が変わり、「ワンチーム」という言葉があらゆる場面で使われるようになり、人と人が身近に感じられ、より強固なものになりました。
しかし、新型コロナウイルス感染症拡大、さらに今まで経験したことのない水害や風害による環境災害等により、人と人が引き離され過酷な状況に置かれております。
このような状況下だからこそ、今まで以上に狭山市と協力し、新しい生活様式を続け、互いに歩み寄りながら専門性を活かし、感染対策を実施し防災対策に努めてまいります。
また、住み慣れた地域で、安心して自分らしい暮らしの実現のために「住まい」
「介護予防」「生活支援」「介護」「医療」が一体的に受けられるよう多角的な視点にたった仕組みづくり(地域包括ケア)を進めていく必要があります。
本会では、医療従事者の人材を育成する准看護学校を運営するとともに、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業、在宅医療支援事業の充実を図り、入退院の支援、日常療養支援、急変時の対応を行っております。
そして、何よりも望まれることは市民の皆様が心身ともに健康で日々の生活が営まれることこそが肝要でありますので、会員一同、通常の診療はもとより、市で実施する各種保健事業、休日・夜間急患センター運営、新型コロナウイルス感染症関連の検査体制の充実等を図り邁進してまいります。

一般社団法人狭山市医師会
会長 遠藤一博


会 長 遠 藤 一 博
副会長  風 間 浩 美 
副会長 宮 田  滋
理 事 青 山 壽 久
理 事 伊 東 潤 二
理 事 齋 藤  博 
理 事 澁 谷 哲 男
理 事 寳 積 英 彦
理 事 馬 島 辰 典
理 事 宮 川 隆 平
理 事 茂出木 成 幸
監 事 歌 野  宏
監 事 森 田 仁 平
議 長 染 村 圭 一
副議長 安 齋 博 雅
顧 問 廣 澤 信 作
顧 問 高 木 正 人
裁定委員 村 上 享 司
裁定委員 高 木 正 人

 

廣 澤 信 作


今後とも当会に対する変わらぬご厚誼を賜りたく役員一同衷心よりお願い申しあげます。